柔道着は手洗いするイメージを持つ方が多いかもしれませんが、洗濯機で洗うことも可能です。ここでは洗濯機で洗う手順をご説明します。

  1. 大き目の容器にぬるめのお湯をいれ、柔道着専用洗剤か酸素系漂白剤を溶かし、柔道着を1〜2時間浸け置きします。浸け置きの前に、目立つ汚れをもみ洗いして先に落とします。柔道着が傷まないように、こすりすぎないように気をつけましょう。

柔道着の繊維にダメージが生じてしまうため、塩素系漂白剤は使えません。注意しましょう。

  1. 浸け置きが終わったら、洗濯機で洗います。洗剤は少なめにしましょう。柔軟剤を使うと、柔道を行う時に襟や袖部分がつかみやすくなります。柔軟剤は使わないほうがよいでしょう。
  2. すすぎと脱水をしっかり行い洗濯機が止まったら、風が通る日陰で乾かします。生地の縮みや黄ばみの心配があるため、乾燥機能付き洗濯機で乾燥するのは避けましょう。

 

洗濯の頻度

汗を吸収した柔道着をそのまま放置しておくと、カビや黄ばみの原因になります。1度着た柔道着は、その都度洗うのがおすすめです。

そうは言っても、重くて乾きにくい柔道着を、頻繁に洗濯するのは重労働ですよね。洗濯するのが難しい場合は、風通しの良い場所にハンガー干しし、湿気を飛ばし乾燥させましょう。布製品に使える除菌や消臭スプレーを使うのもおすすめです。